Read the post in プレスリリースを読む

バーチャルイベントであるにもかかわらず、10月に開催された Gartner の毎年恒例の North American Symposium には23,000人を超える登録者が集まり、これまでのどのシンポジウムよりも多くの CIO や IT リーダーに影響を与えたと思われます。

Gartner は毎年新しいテーマを提示し、それを基調講演、トラックセッション、1対1のアナリストとの会話の中で使用します。このテーマはその後12か月間、時にはそれ以上の期間にわたって Gartner の調査に影響を与えます。今年のテーマは「Composable Business」でした。良い響きだと思いませんか?個人的には2018年テーマの ContinousNext や2019年テーマの TechQuilibrium と違って、かなりわかりやすいところが気に入っています(毎シーズン完璧なものを考えるのは無理な話ですが)。

Composable Business とは?

私は Gartner のアナリストではありませんが、Composable Business をどのように解釈し、それが私たちのビジネスにとってどのような意味を持つのかを説明したいと思います。

近年、組織や CIO が直面している混乱(COVID-19とその多大な影響、社会的・環境的・気候的な混乱)を考えると、「混乱」は大変重要であることがわかります。組織は、継続的な混乱や多くのさまざまな未来に対して計画するだけでなく受け入れる必要があります。そこで、Composable Business の出番です。「Composable Business は、不確実性に直面した場合でも、リアルタイムの適応性と回復力を発揮できるように設計されています。」1

Composable Business の構成要素は、コンポーザブル(Composable)な思考、コンポーザブルなビジネスアーキテクチャ、およびコンポーザブルなテクノロジーで、これにモジュール性、オーケストレーション、発見と自律性の原則を適用します。これは、シンポジウムのオープニング基調講演の次のスライドで一番よく捉えられていると思いました。1

Gartner composable business

出典:Gartner Symposium 2020 オープニング基調講演:「今こそ、レジリエントな未来を創造せよ」2020年10月19日、ティナ・ヌノ、ダリル・プラマー、ドン・シャイベンライフ

本題に入ると、Gartner は Composable Business を、「成功とイノベーションには、アプリケーションによって提供される機能がモジュール化され、企業、顧客、市場のニーズの変化に応じて、迅速かつ安全に組み立てられ、分解され、再構成されていることが必要だ」と特徴付けました。2

これはイベントドリブン型アーキテクチャとどのような関係がありますか?

幸いにも、Gartner はコンポーザブルなビジネスアプリケーションを構築するためのレシピを提供しており、その主な要素は、Gartner が「Packaged Business Capabilities(PBC)」と呼んでいるもの、つまり「明確に定義されたビジネス機能を表すカプセル化されたソフトウェアコンポーネントであり、ビジネスユーザーによってそのように認識されているもの」です。2

これらは、必要に応じて粗くも細かくもでき、アプリケーションベンダーから提供されたり、レガシーシステムへのインターフェースとして構築されたり、完全にカスタムで作成されたりします。PBC は、銀行口座、製品、発注書などのビジネスオブジェクトの機能とデータをカプセル化したり、アカウントのドラフト承認や顧客の信用格付け検索などのプロセスをカプセル化したりすることもできます。

出典:Gartner AADI Summit “Navigate the Strategic Roadmap to the Future of Applications”、2020年3月2日、Paul Vincent

複数の PBC をつなぎ合わせて、場合によってはユーザーインターフェイスをフロントエンドにして、コンポーザブルなアプリケーションを形成できます。さらに、これらのコンポーザブルなアプリケーションをバンドルして、ビジネス機能のポートフォリオを作成できます。

これらの PBC をつなぎ合わせる「接着剤」は、APIまたはイベントチャネルです。Solace PubSub+ Event Broker のようなイベントブローカーを使用して、イベントストリームまたは単にイベント/メッセージとも呼ばれるイベントチャネルを制御・調整することで、プロセスフローのようにデータ交換や直接呼び出しを介して PBC を統合できます。

アプリケーション統合とプロセスフローを注意深く計画するためのイベントチャネル/ストリームの意図的な使用は、イベントドリブン型アーキテクチャ(EDA)の古典的な使用法であり、長い間、アプリケーションを、よりリアルタイム、アジャイル、かつ復元力のあるものにする方法として考えられてきました。

Gartner は、企業が、IT ユーザーとビジネスユーザーの両方が協力してアプリケーション体験を組み立て(再構築)ることができる、プロ仕様のローコードの構成ツールで構成されたアプリケーション構成プラットフォームを使用することを想定しています。

出典:Gartner AADI Summit “Navigate the Strategic Roadmap to the Future of Applications”、2020年3月2日、Paul Vincent

従来のアプリケーションとは異なり、ユーザーや役割に適用される責任またはベストプラクティスが変更された場合、構成されたアプリケーション体験をオンデマンドで再構成できます。

Gartner は、2023年までに、企業の60%が新規アプリケーションへの投資においてコンポーザビリティを追求すると予測しています。また、インテリジェントなコンポーザブルアプローチを採用した組織では、新しい機能の実装速度で競合他社を80%上回ると予測しています。2これらの用語については、2021年の間耳にする機会が増えると思いますので、ぜひ慣れておくことをお勧めします。

Gartner のクライアントの方は、レポート「Use Gartner’s Reference Model to Deliver Intelligent Composable Business Applications」でこの詳細をご確認いただけます。

脚注:

1 – 出典:Gartner Symposium 2020 オープニング基調講演:「今こそ、レジリエントな未来を創造せよ」2020年10月19日、ティナ・ヌノ、ダリル・プラマー、ドン・シャイベンライフ

2 – 出典:Gartner “Use Gartner’s Reference Model to Deliver Intelligent Composable Business Applications”、2020年10月14日、Yefim Natis、Rita Sallam、Nick Huedecker、Anthony Mullen、Benoit Lheureux、Mark Beyer、Dennis Gaughan、Gene Alvarez

3 – 出典:Gartner AADI Summit “Navigate the Strategic Roadmap to the Future of Applications”、2020年3月2日、Paul Vincent

 

Array ( [78] => Array ( [name] => Roger Sabourin [picture] => [bio] =>

Roger Sabourin は、Solace のアナリストリレーションズリーダーです。

[position] => [url] => https://solace.com/blog/author/roger-sabourin/ ) )
Roger Sabourin

Roger Sabourin は、Solace のアナリストリレーションズリーダーです。