イベント管理とは新たに登場した概念で、
イベントドリブン型アーキテクチャにとっての
API管理のようなものです。

これまで、APIのような方法で非同期イベントを設計するツールはありませんでした。ツールがなければアーキテクトや開発者がコラボレーションできる場もなく、ドキュメンテーションを最新の状態に保ち、下流のアプリケーションに影響を及ぼすことなく変更をモデル化することも難しくなります。

Solaceが PubSub+ Event Portalを開発した理由はここにあります。

PubSub+ Event Portalの説明

PubSub+ Event Portalでイベントドリブン型アーキテクチャの価値を最大化

実際の Event Portal を見る

ライドシェアアプリケーション開発 : PubSub+ Event Portalのユースケースデモ

PubSub+ Event Portalでは、以下のすべてを実現できます。

  • 全社に分散したイベントフローの可視化、最適化、管理
  • ベストプラクティスを組み込んだ形での、イベントやイベントドリブン型アプリの設計
  • 全社で発生するイベントの検出とカタログ化

Kafka イベントストリームの発見、視覚化、カタログ化

Kafka イベントストリームの発見、視覚化、カタログ化

「Event Portal は良さそうだが、当社では Solace ではなく Kafka ブラウザーを使用している」という方もいらっしゃるでしょう。

朗報です! PubSub+ Event Portal には柔軟な検出エージェントがあり、Solace イベントブローカーを使用しなくても、Kafka ストリームの検出ができます。

大規模企業には、Kafka のネイティブアプリケーション以外にもさまざまなものがあります。クラウドプロバイダー、レガシーシステム、IoT デバイスなどがあり、それらから管理が必要なイベントストリームが発生します。PubSub+ Event Portal for Kafka では、これらの多様なイベントストリームを管理し、エンタープライズにおいて Confluent や Amazon MSK のイベントストリームをはじめとする Apache Kafka イベントストリームの発見、視覚化、カタログ化、共有を容易にします。

Event Portal for Kafka の詳細を見る

PubSub+ Event Portal の
60日間フリートライアルを開始

新規登録で利用できる内容

メッセージングサービス – 最大同時接続100クライアントコネクション(またはキュー)、最大スループット8GB、永続ストレージ容量2GBのエンタープライズブローカーの開発者向けサービス

Event Portal – 150 編集ユーザー、15,000オブジェクト (イベント、スキーマ、アプリケーション)

PubSub+ Event Portal ダッシュボードのスクリーンショット

詳細をご希望ですか?

アーキテクト

データ定義とアプリケーションの関係を定義、議論、レビューします

アーキテクトが Event Portal を必要とする理由

開発者向け

アプリケーション、業務部門、外部組織の間でイベントを検出して把握し、有効な再利用を促します。

開発者が Event Portal を必要とする理由

アイコン CEO

最高情報責任者

イベントデータのビジネス価値を最大限に引き出しましょう。

Event Portal の概念を理解する

イベントドリブンの未来がここにあります。
ためらう理由はありません。

イベントドリブンアプリケーションの構築は困難です。イベントを発見、作成、共有、管理するためのツールも不足しています。さらに、イベントを管理する簡単な方法もありません。DIY ソリューションは脆弱で複雑であり、時間がかかりすぎます。このような課題をお抱えの場合、PubSub+ Event Portal で業務を無限大に改善できます。

デモのご依頼